トップ / 自由な形式を取れる葬儀

自由な形式を取れる葬儀

シンプルな葬儀とは

弔辞

格安で葬儀を行う方法とは

葬儀は多くの方が集まるため、高額な費用を要します。そこで、亡くなった後にそういった負担を考える方は、高額となりやすい宗教者の利用を行わない無宗教葬を希望される方も少なくありません。その行い方は非常にシンプルで、通夜や告別式といった宗教色の強いものを利用せず、火葬のみを行う直葬となります。直葬はセレモニーの要素がないため、さびしい印象がありますが、自由な形式を取れる葬儀ともいえ、音楽が好きな方は、生演奏をして送り出すことや、映画が好きな方は、そのもっとも好きな作品をプロジェクターに写して送りだすことなどが可能となり、温かみのあるものにすることが可能となります。

無宗教葬の行い方とポイント

いわゆる家族葬や、無宗教葬が現在増えています。一般的な葬儀は減る一方です。中には、どれも行わずに火葬だけをするご遺族も多いのです。無宗教葬の行い方ですが、専門の業者がありますので故人が宗教葬を希望しないことを生前に確認できていた場合は相談しましょう。生前から相談しておくとスムーズです。宗教者を招かずにするので、参列者の方には故人の希望であったことを伝え、トラブルを防ぎましょう。葬儀の形は従来の宗教葬だけではなく、多様化しています。大切なのは故人が何を望んでいたか、ご遺族が故人と満足のいくお別れを出来たかでしょう。

↑PAGE TOP