トップ / 特定の宗教色がない葬儀

特定の宗教色がない葬儀

自分達で決める葬儀

弔辞

無宗教葬の葬儀の流れについて

仏教式やキリスト教式、神道式などの形式がある程度決まっている葬儀とは違い、無宗教葬の流れは、特定の宗教色がありません。式次第や装飾などの、必ずしなければならない決まりごとがありません。形式にとらわれず、自由に内容をつくり上げることが可能ですので、家族の要望や、故人が望んでいた葬儀を行うことができます。例えば、故人の生前の思い出をスライド写真にし、それを見ながら、故人または家族のお好みの曲を流し、お別れの言葉を読み、そして、焼香ではなく献花を行うこともできるのです。自分たちである程度の内容を決めていかねばなりませんが、家族や故人の個性や気持ちを尊重したいのであれば、無宗教葬を行いましょう。

無宗教葬の基本的な流れ

特定の宗教を持たない人や、寺と関わりがないといった理由から、無宗教葬の葬儀が増えています。亡くなった方の希望や、遺族が亡くなった方の生き方にふさわしい自由な演出をしたいといった希望がかなえられるため、自由葬とも呼ばれます。無宗教葬の基本的な流れは、親族と参列者が着席すると、開式の辞があり、黙祷します。弔辞や弔電を読み上げ、故人の偲ぶ音楽やビデオを流し、そして献花が行われ、喪主の挨拶、そして閉式の辞になります。献花でなく焼香を行うことにしてもいいですし、祭壇を飾るかどうかも自由です。葬儀の形式や供養の仕方は、社会の変化や家族の形態に合わせて変化しますが、故人を思う気持ちを大事にするのが何よりも大事でしょう。

↑PAGE TOP