トップ / 自由なプランの無宗教葬儀

自由なプランの無宗教葬儀

自由度が高い葬儀

弔辞

無宗教の葬儀のデメリット

無宗教なので、葬儀も無宗教で行うという人が増えています。無宗教葬の場合は、一般の葬式のように、儀式にとらわれず、自由なプランで、故人にふさわしい葬式ができるというもので、堅苦しくない内容になっています。例えばの例ですが、音楽葬だったり、偲ぶ会、だったりというものです。また、無宗教葬ですと、お布施や戒名が必要ないので、その分の費用が抑えられますので、葬儀費用も安くなります。ただ、デメリットとしては、慣れていない参列者がとまどってしまったり、あるいは仏壇などや、法要がないため、親戚内でトラブルになってしまうこともあることです。

無宗教葬の注意点とは

宗教を持たない人が多くなったことや、お寺との付き合いがないことから、無宗教葬をあげられる方が増えています。葬儀は亡くなったかたの希望に沿うことが大事ですが、無宗教葬では、いくつかのデメリットがあります。それは、一般的な仏式ですと、手順がある程度決まっているのでそれに沿って行えばいいのですが、無宗教の葬式の場合は、より細かな打ち合わせが必要になります。また、形式が決まってないので参列者がとまどってしまったり、年配の方には理解してもらえないということがあります。葬儀後の仏壇や弔い方をどうするのかという問題も残り、そうすると遺族の気持ちの区切りをつけるのが難しいという点があります。

↑PAGE TOP