トップ / 家族のみで行う葬儀が人気

家族のみで行う葬儀が人気

葬儀を大切にする

弔辞

葬儀の意味や役割に関する説明

葬儀とは、亡くなった人を弔う為に行なう儀式のことです。葬式とも言います。人類が行なってきた風習や儀式の中でも、最も古い時期から存在しています。葬式を行なう目的は、社会的なけじめをつけることや、故人と最後の別れをつけるために行なわれます。参列者は、亡くなった人の家族や親戚と友人、仕事上の付き合いのあった人などが対象になります。葬儀の方法や意味合いは、故人の宗教や国の風習などによって異なりますが、故人と関係のあった人が参列することや、故人を弔った後で埋葬や火葬を行なうという流れはほぼ共通しています。

失敗しない葬儀での身だしなみ

普段は気にすることがないですが、葬儀には、様々なマナーがあります。失敗して恥をかかない為にも、心得ておくようにしましょう。お通夜もしくはお葬式に行く場合の香典は、筆ペンで書く時には、墨が薄い物を使用します。服装はエナメルなど、光ったり、テカテカする素材のものは、たとえ黒であってもなるべく避けるようにしましょう。葬儀に行く際のアクセサリーはパールが基本で、ダイヤなどは控えます。化粧もラメなどは控えた方が無難でしょう。

↑PAGE TOP